ホームブログ

ブログ

心臓予備力(cardiac reserved capacity)

一般成人男性を例にあげて考えてみた場合、安静にした状態での心拍数は約70拍/分です。

1回あたりの拍動によって約70mlの血液が体内に送り出されますから、1分間に約5lもの血液を全身に供給していることになります。これがもし激しい運動をしたらどうなるのでしょう?

1回拍出量は約100ml、心拍数は200拍/分近くまで上昇するわけですから、1分間に送り出される血液量は20l以上になると思われます。

心臓の最大能と安静時との差を心臓予備力と呼んでいます。健康的なライフワークを過ごすには、この心臓予備力を急激に下げないような生活を心がけることです。



しかし、普段の生活の中で歩くぐらいでの心拍出量は8l程度ですから、たとえ心臓予備力が減ったとしても実感できないでしょう。また、メディカルチェックの心電図検査でも、発見することは出来ないでしょう。ですので、生活の中にある程度のHRレベルでのエクササイズを組み込むことが必要です。

僕のテーマの中では、120拍/分レベルを維持しながら運動を実施することが疲れが残りにくく、尚且つ運動効果の高いエクササイズだと考えます。

ノルディックウォークでは、普通のウォーキングと同じ速度で歩いたとしても、ノルディックウォークの方が活動筋量が多いため、心肺機能を無理なく刺激することが出来ると思います。友人と会話を楽しみながらできるスピードからスタートし、除々に目標のレベルに近付けながら、エクササイズを楽しむことが出来るでしょう。


2018年度 ごあいさつ

ようこそ!お越し下さいまして、誠にありがとうございます。

香川県でちょっと珍しい・・・
 健康スポーツの何でも屋! 山奥慎一です。
 

私は、社会に出た頃から健康スポーツ・スポーツケア産業に従事し、長年に渡り、公共スポーツ施設及び医療機関やスポーツクラブの経営・運営・収益改善のためのコンサルティング業務も行って来ました。

数字だけで経営・運営してきたコンサルタント業とは違い、専門的な学術・研究事業による信頼されたソフト、現場で得られたハートのあるサービスをもとに、確かなノウハウと豊富な実績を持つスタッフにより経営・運営してきました。

本格的な超高齢化社会を迎え、中高年の方々を中心に日常的な健康づくりにますます関心が向けられるようになり、今までのスクール的な指導、開放型の営業ではなく、ココロこもった本当のサービスを展開していく必要があると思っております。

また、今後の若者が夢を持ってこの仕事に望めるよう育成・指導・援助し、地域や社会にも貢献できる素晴らしいビジネスにしたいと思っております。


【専門】:
 生理学・生化学・解剖学・運動処方の研究者です。
 
 施設作り・管理運営・指導者養成・ハード&ソフトウエア―開発

 ココロが喜ぶ、いろいろを創造していきたいと思います。


【学歴】:
 高松一高 → 国立鹿屋体育大学 → 鹿屋体育大学大学院


【経歴】 :

 株式会社南海スポーツ企画
 財団法人三宅医学研究所
 2001年 9月 有限会社オフィスやまおく設立
 2010年 1月 ニーズ株式会社設立
 2014年 9月 ジャパンクラップス株式会社 取締役 
 2014年 9月 讃岐スポーツ企画株式会社設立
 2017年 8月 トライリングス株式会社 代表取締役


サラリーマンを約10年して、起業し17年目を迎えました。子供からお年寄りまで、また障害がある無いに関わらず、いつまでも健やかに過ごすための健康スポーツ何でも情報発信・企画・研究を続けております。今の自分があるのは、子供の頃から良くしてくださった近所のおじさんやおばさん・いろいろ教わった先生方・いろんな分野での先輩や後輩の方々のお陰だと思っております。

自分は、本当に恵まれていたと思います。みなさまから優しくして頂いて、そしてたくさんの事をして頂いて、本当に良い思いをしてきました。今度は、私がみなさんにする番です。私の力は、そんなに大きくありませんが、たくさんのお友達と一緒に、将来は、これからのみんなに夢を与えてあげられるような人になりたいと思います。


【連絡先】:
施設の開設・運営・指導者の育成を依頼したい…
 トレーニングセンター・ザ・ハート
(高松・西内町・日野・高槻・高知)
 アーストレーニングセンター(目黒)
 トライリングス株式会社(フランチャイズ事業)
  

山奥先生に教えて欲しい…
 スポーツの家庭教師 やまおく教室
 プライベートレッスン COURE(パーソナルトレーニング)
  

研究・開発に関して…
 讃岐スポーツ企画株式会社(ハードウエアー開発)
 ジャパンクラップス株式会社(ソフトウエアー開発)
 有限会社オフィスやまおく(人財育成)
 

【みなさんへ】 :

 まだまだ長い人生、いろいろ学ぶことがたくさんありますね。
 みなさん、こんな僕ですが、いろいろ教えて下さいね。


お問い合わせ・お申し込み