ホームブログ塾長の独り言

ブログ

歩くのが速い国ランキング

東京に行くと、みんな歩くのがとても速いぃという印象があります。讃岐人は、車社会。せっかちな運転が目に余りますが、案外のんびりしているのかなぁとも思います。

そんなところも糖尿病受診率の高さに関係あったりして…

ちょっと調べてみると、日本は、世界ランク20位程度。そんなに速く歩く理由は、よく分かりませんが、イギリスの国際文化交流機関の調査による歩行速度都市別ランキングによると…



 1.シンガポール 10秒55
 2.デンマーク (コペンハーゲン) 10秒82
 3.スペイン (マドリード) 10秒89
 4.中国 (広東省広州市) 10秒94
 5.アイルランド (ダブリン) 11秒03
 6.ブラジル (クリチバ) 11秒13
 7.ドイツ (ベルリン) 11秒16
 8.アメリカ (ニューヨーク) 12秒00
 9.オランダ (ユトレヒト) 12秒04
10.オーストリア (ウィーン) 12秒06
 ・・・
19.日本 (東京) 12秒83


ちなみに歩行速度が最も遅かったのは、マラウイのブランタイアとバーレーンのマナマだったそうです。身長差や歩幅は、差ほど関係ないようで、知らぬ間に行き急いで生活しているのが現代人。イギリス心理学者リチャード・ワイズマン教授によると、たまには立ち止まって考えて、ゆっくり歩むのも悪くないとコメントされていましたね。


コレも選挙狙いの公共事業?!

福島県相馬市では、介護予防の工夫を凝らした骨太公園を開設しました。場所は、東日本大震災の被災者の集団移転先。慣れない土地で暮らし始めた高齢者が骨粗しょう症などを患わないよう、約250メートルのコースに体力づくりに役立つ8つの道具を備えていて、交流を生む場にもなっています。

仮設住宅では、食事の栄養バランスが悪化したり、運動不足で体調を崩したりする高齢者が多く、健康維持が移住後の課題となっていましたが、高齢の方々の反響は、上々のようです。

内容は、中国や韓国の公園にあるような器具があり、ロコモ予防を想定したものとなっています。道具の使い方が書かれた説明板には、しりとりや暗算と一緒に取り組めるようになっており、脳の活性化も同時に期待できるものになっています。



とても良いアイデア…と思いますが、少し不安があります。

先日、子供のための保育園建設が反対されたニュースは、ご存知だと思います。理由は、子供がうるさいから…。

また最近の公園では、走ったり、ボール投げしたり、騒いだりしないようにしましょうと書かれた掲示板まであります。

怪我をしたら、すぐ地方公共団体に連絡して、施設管理問題にしてしまうところもあるかも知れませんが、あまり外で遊ばせなくなったのもあって、公園で怪我することもあって、遊具まで撤去された公園まであります。

選挙権の無い子供達は、どうでも良いのかな…?って思うような政策になっている気がしますが、気のせいでしょうか?

骨太公園では、カラダの負担が少なくなるよう足元にゴムチップ素材のマットを敷き詰めたり、様々な配慮がされていますが、また、器具で怪我をしたり、公園でカラオケなどして賑やかになると、近所からのクレームなどによって使用規制が出来たりするかも知れませんけれどね。

日本って本当に面倒臭い国です。


神経筋制御論

神経筋制御能とは一体何でしょうか?

それは、神経によって筋肉を正しく制御(コントロール)する能力の事です。

ヒトが複雑な動きを可能にしているのは筋肉と脳を繋いでいる神経による働きがあるためです。

日常生活における身体運動は、脳からの神経指令と末梢からの神経指令の協調によってなされます。両者からの指令は脊髄アルファ運動ニューロンとそれが支配する骨格筋の活動を促し、合目的的な運動となります。



神経と筋肉の調和を高める…やまおく体操を通じて、アルファ運動ニューロンが活動するための神経系の調節機構、特に中枢神経系の働き(感覚器からの入力情報を処理して個体が環境に対応できるような効果器の応答を起こさせる統合機関として働く機能)を主に概説し、全体的には身体運動がどのような神経機構で制御されているかが理解出来ると思います。

Youtubeの登録もお願いします。


苦戦の総合型フィットネスクラブ、新顧客開拓へのサービスの変遷 Ⅲ

総合型ジムの顧客を奪っているRIZAPなど個人向けジムや、ジョイフィット24などの24時間営業する小型ジムでは、インストラクターが持つ豊富なノウハウを生かしたり、新興勢力が手掛けていない新サービスを打ち出したりして対抗しようと試みています。ちなみに、RIZAPの17年度のジム部門の売上高は前年度比で約3割増、ジョイフィット24を運営するウェルネスフロンティア(東京・墨田)は2割弱も増えています。



また、1回のレッスンを30分程度に収めたトレーニング指導動画のライブ配信を始めるなど、ジムに通う習慣のない消費者が、自宅などでの隙間時間で取り組めるように、月額2000円でお釣りがくる低価格にてのサービスも提供をし始めています。



従来は、水泳や体操などが一般的な施設内のスポーツスクールの種目を拡充している施設もありますが、子ども向けにトランポリンスクール・卓球スクールを開設したり、仕事帰りに一汗流しに来るビジネスパーソンが、増えています。疲労回復などの体の調整に重点を置いた施設も増え、筋力トレーニングのプログラムだけでなく、疲労回復に効果がある設備を導入して、利用者が仕事のパフォーマンスを高められるように工夫されています。



今後は、車の運転が出来なくでも、ご近所にあるスーパーやコンビニエンスストアーに、お買い物に行くついでにマイクロジム・コンビニフィットネスに通う習慣に変わっていくと考えられ、ミニマムジムが、増えていくことになると言われており、ますます総合型ジムや、メディカルフィットネスの首を絞めることになりそうです。


苦戦の総合型フィットネスクラブ、新顧客開拓へのサービスの変遷 Ⅱ

3つの国の認定を受けたメディカルフィットネス
1988年に始まった健康増進のための運動を安全かつ適切に実施出来、厚生労働大臣による認定を受けた指定運動療法施設は、認定を受けた施設での施設利用費(月会費)が、医療費とみなされ、医療費控除を受けることができますが、10万円以上の医療費を使うレベルの疾病をお持ちの方が、運動出来るはずもなく、また10万円以上使って、1万円程度の還付に魅力もないことから、ほぼ死んでいるサービスだと言われています。



世の中では、生活習慣病などの疾病予防のための運動施設が、望まれています。疾病予防運動施設(医療法42条施設)とは、平成4年の医療法改正により、医療法人の附帯事業として認められたもので医療法42条第5号には疾病予防のために有酸素運動を行わせる施設であって、診療所が附置され、かつ、その職員、設備及び運営方法が厚生大臣の定める基準に適合するものの設置(一部略)」とされており、医療機関において生活習慣病などの疾病予防のための運動施設の開設が認められておりますが、餅は、餅屋に頼めの総合型ジムでも苦戦を強いられているのに、同じ体系でのサービス提供では、箱は、建てただものの施設だけが、寂しく残るになりかねません。


また、厚生労働省が1988年より国民の健康づくりを推進する上で一定の基準を満たしたスポーツクラブやフィットネスクラブを認定しその普及を図るため、運動型健康増進施設認定規定を策定し、運動型健康運動増進施設として大臣認定を開始しましたが、認定された施設は、健康増進のための運動を安全かつ適切に実施できる施設(運動型健康増進施設)として認められますが、維持するコスト面からも、収益に見合わないこたら、新規のフィットネスサービスを提供する施設では、新たに取得しない傾向があります。



お問い合わせ・お申し込み