ホームブログ塾長の独り言

ブログ

体重管理市場?! 東南アジアのフィットネス事情を見て思う

経済が急成長するアジアの国・地域で、肥満や糖尿病など欧米型の健康障害が増え、医療費も膨らんでいるのだそうです。

英調査機関エコノミスト・インテリジェンス・ユニットのリポートによると、アジアの医療費は、2017年までに2兆1000億ドル(約230兆円)に達し、世界全体の24%を占める見通しだそうです。同リポートは、アジアの国・地域での収入の増加に伴い、教育水準も向上し、健康問題への意識が大幅に高まっていると背景を説明しています。まるで昔の日本みたいですね。

収入が増えるほどに、生活習慣病への罹患(りかん)率も増えているのだそうで、心臓病や糖尿病などの慢性疾患は、東南アジアの死因のトップで、世界保健機関(WHO)によると死亡原因の62%を占めています。人々が豊かになり、欧米型のファストフード店舗などが増えたことで、脂肪や塩分、砂糖を多く含む食品の消費が増加。欧米に多く見られる生活習慣病がアジアでも急増しているのだそうです。



マレーシアの病院運営大手IHHヘルスケアのタン・シーレン社長兼最高経営責任者(CEO)は、経済の急成長や富の急増、中間所得層の発展は、どれも医療業界にとって好材料だと考えられていて、ミャンマーのヤンゴンに現地パートナーと共同で250床の病院を設立するのだそうです。ちなみに総工費7000万ドル…。

ミャンマーの医療・教育システムは、50年に及ぶ軍事政権時代に軽視されてきました。しかし、民主化に伴う経済発展で、今後は、政府によるこうした部門への支出が増えるとも期待されています。

医療需要の高まりは、技術革新を促しています。欧州ソフトウエア最大手の独SAPは、パートナーと共同で血糖モニター、ウエアラブルの活動計測器、糖尿病の管理アプリをセットにした治療パッケージを開発しました。これにより患者の血糖値を自宅で記録し、医師に送信できるようになっているのだそうです。また、これらの機器で得た分析結果を疾患を未然に防ぐ予防医療や生活習慣改善の研究に生かしていくのだそうです。

アジア太平洋では、体重管理市場?!も急成長していますね 笑。

市場規模は、15年の47億ドルから、20年には、36%増の65億ドルに拡大するとみられていて、シンガポールの漢方薬局では、11年に漢方を活用した体重管理プログラムを発売して以来、これを求める人々が約60%も増えていると話してました。

スポーツジムは、地域全体で2万8000カ所を超え、年間売上高は、推定143億ドルに上るのだそうです。英フィットネス・ファーストは、ここ数年、インドネシアやマレーシアなど東南アジア全域に事業を拡大しています。シンガポールのトゥルー・フィットネスも04年の開業以来、順調に会員を増やしているのだそうです。

これまで、欧米の富裕層向けだったアジアの医療ツーリズムも、最近では、中国やインドの中間層がタイやシンガポールなどを訪れるケースが増えています。著者ホリエモン「君は、どこにでも行ける」を読むと伺えますね。

東南アジア事情を見ていると、日本は、ひょっとすると今集まってきているインバウンド効果なども東京五輪を境に変わるかも知れません。まだまだ先進し続けるよりも、そろそろ今の現状をうまく使って成熟する方向になるべきなんじゃないかと考えます。


テニスの物理学

最近スポーツ活動中の力学的な測定が出来る装置やアプリが流行っています。そのおかげで、一般の方々にも、気軽にバイオメカニクスに触れられることが出来るようになってきています。

大手フィットネスクラブ・Rでも、テニス教室で打った球の速さや打点を解析できるセンサーを導入。全国の施設でも順次取り入れるのだそうです。



受講生がフォームのクセに気づきやすくなり、レッスンの効率化につなげる…良いですね。今まで感で指導していた部分と科学的な部分とがクロスして、いい加減なことが言えなくなってくるかも知れませんね。

以前は、ハイスピードカメラ等がなければ、困難な場面もありましたが、一般人の撮影にそれ程制度高く(高額)でなくても、最近の家庭用ビデオカメラでもある程度撮影できますので、後から分析可能です。

そうしなくても、だいたい目で目視出来るので、ビデオに撮ってまでするのは、プロとプロ通しを比べる際だけでしょうか…あとは、その個人の差を長期的に見るには、良いかも知れません。

最近のは、撮影しなくても、センサーをラケットの下部に取り付けて使うものがあり、センサーの分析は近距離無線通信のブルートゥースを介してスマートフォンアプリに蓄積され、利用者はいつでも過去のプレーを振り返られるというものです。超便利!

でも、このデータをどう使うか?が問題。あなた速いですね…とか、重たい球打ちますね…でしたら、以前のまんまです 笑。


アメリカ・トレーナー研修に思う…

しばらく、ジム運営等が忙しく、本業だったパーソナルトレーニングを休みがちでしたが、再開して、遠方からお客様がまた再び訪れるようになり、学生時代にシカゴ大のアスレティックトレーニング研修に行ったのを思い出してしまいました。

当時、大学院に進むための勉強をしていたので、専門用語での英会話が出来る程度でしたが、少し苦戦したのは、事実です。今後は、勉強しないとね。

初めて死体を使った解剖実習に参加させて頂いて、現代人の生活習慣病の状態や手術跡など確認出来ましたが、血抜きされていたご遺体と言っても、多少の匂いと手触り感覚が残り、しばらく食欲が無くなって、鍛えたカラダが元に戻ってしまったことがありました。

解剖実習のあとのランチタイムが、偶然にもステーキで、誰も喉を通らなかったのも覚えています 笑。



実際に習ったものは、僕が求めるアスレティックトレーニング像では、ありませんでしたし、早期現場復帰からは、程遠いものでしたので、今は、全く活用していません。

帰国してからは、hitomiの担当トレーナーのジェフ氏と相談して、医療機関で働きながら、目利きを鍛えつつ、徒手技術とマシン・フリーウエイトでのトレーニング指導技術を高めました。

その後ぐらいでしょうか…清原元プロ野球選手のトレーナー、ケビン山崎氏が有名になりだしたのは…かなり派手にやってくれて有難い。中日ドラゴンズでトレーナーをしていた先輩は、ギャランティーが球場の売り子さんとあまり変わらないと言われていましたが、彼等のおかげで、トレーナーは、治療家じゃないということを世の中に知らしめてくれました。

また、アメリカで20年以上前のアスレティックトレーニングの情報が、今の日本のジムや医療機関でも使われていたりして、どの業界でも日本が最先端だと思われるのに、この業界だけは、どうしても根性論が付きまとうものだと感じました。

当センターの研修は、そんなことも踏まえ、アスリートだけではなく、一般人のカラダに関するお悩みを以下のカテゴリーに分けて指導出来るようにカリキュラムを組んでいます。

 ・フィジカルトレーニング講座
 ・アスレティックトレーニング講座
 ・リコンディショニング講座
 ・ADLトレーニング講座

基本講座だけでも十分お客様のお役に立てるものですが、応用研修は、その施設に来て頂きたい対象にあわせた研修を用意しています。



お申込み・お問合わせ
讃岐スポーツ企画株式会社 東京支社
〒191-0011 東京都日野市日野本町3-7-1 今一ビル1F
050-7302-7052(担当:小俣)
メール:japanclaps@jcom.zaq.ne.jp


舌の味覚分布図(Taste distribution map)

甘さを感じる舌の部分は、何処かご存知でしょうか?

そう。一番前の部分になります。これは、どこがどんな味を感じているか?の実験によって明らかにされた舌の味覚分布図により学習したことがあると思います。

しかし、Monell Chemical Senses Center(http://www.monell.org/)では、他の細胞にも甘味を感じるための消化酵素が含まれていることを発見。アメリカ科学アカデミーの論文内で発表されてました。

味覚の受容体という考えのもと確認された味覚分布図でしたが、食物によって違う受容体に切り替わるのが分かったのだそうです。

ひょっとしてプリンに醤油をかけて食べるとウニになるってやつでしょうか…笑。



例えば、甘さを感じる…

 ・第1ステップ:舌で感じる 

 ・第2ステップ:腸・すい臓で感じる

糖の種類によっては、甘さを感じず、消化分解された形に反応するため、複数のステップを踏んで甘さを確認しているようなのです。



ひょっとしたら、コレの過程をもとに、更なる人工甘味料の研究が進むかもしれません…大丈夫かな…。

カロリーゼロの飲料物…通常のジュースよりも、いろんなものが入っていて、ちょっと怖いんですよね。


2020年 ご挨拶

2020年は、オリンピック・パラリンピックイヤー。
たくさんの感動を多くの方々と共有出来ることでしょう。

米国とイランの緊張関係が、更に激化しておりますが、
円高、国際情勢、経済環境とも予断許さない状況であることは、間違いありません。

2025年には、75歳以上の方々が、人口の約半数を占め、
2030年には、年金を支給される側が、年金を納める側の人口を超えてしまうと予測されていましたが、
出生数90万人割れ、毎年3000人近くの交通事故死など、予測以上の人口減が、進んでいます。

消費税増税による影響が、少なからず出ているかと思いますが、
我々グループでは、この年末年始の実績を見ると、積極的に広報・PR活動を実施した施設では、
例年を大きく上回る実績を上げることができ、身近なお店として便利にご利用いただいた状況がうかがえました。

我々グループは、さらなる成長に向け、昨年末より、新しい経営計画がスタートしています。
その成長の道筋として、昨年夏頃に公表した事業改革を着実に推進することが不可欠です。

良いものを扱っていても、それに携わる方々に関係してくると思います。
お客様の変化に対応して、自ら変えていかなければ、上がる成果も上がらないかも知れません。

全国の皆様に、同サービスを、どんどん知って頂き、同サービスを通じて、
サービスを提供する側、また、サービスを受ける側が、幸せな気持ちを味わって頂きたく思います。

讃岐スポーツ企画株式会社 
代表取締役社長 山奥慎一


お問い合わせ・お申し込み