ホームブログ塾長の独り言

ブログ

ストレス…

先日、半年で、5キロも体脂肪を落とされたお客様のご紹介で、血圧が高めのお客様が、ご来館されました。血管も筋肉と同じ。神経と臓器の調和を整えると、血圧にも現れます。


筋肉から脳へ、反射の信号を返すと、筋肉、神経、血管は、弛緩しますが、それに関連する臓器までもが、良い影響を現します。神経の伝達スピードは、変えられませんが、信号に強弱を付けられます。

そのおかげで、180/90だった血圧も、お帰りの際には、136/78に下がっていました。並行して、余分な水分と粘性を変えていく事で、更に改善しそうですね。ストレスに対する抵抗力も高めながら、頑張りましょう…


モヤモヤ

文明とは、便利を楽しむもの。文化とは、不便を楽しむもの。

例えるなら、いつでもどこでも手軽にお茶を飲むことができるのが文明です。文明一辺倒だと、武道・茶道という文化は理解不能です。不便ばかりだと、それを補ってあまりあるのが充実です。



自分が目指す理想に到達したときの充実感は、何物にも換えがたく、そのプロセスが厳しければ厳しいほど、得たときの喜びは大きいものですね。

映画・お散歩・温泉・ドライブなどの独り言のnoteを、新しく始めたんですけれど、毎日、少しずつ、お友達が、増えて、嬉しいです。目的は、内緒 笑。


ライク・ア・バージン マドンナ

当時は、ご家庭にCDデッキなど、そんなに無かった時代です。

故 マイケルジャクソンによる映画のようなPVと、音楽のダンスの融合により、世界の音楽界は、触発され、どんどん、華やかになっていったかと思います。

初めて買ったCDは、1984年に発売されたマドンナの「ライク・ア・ヴァージン/Like A Virgin」。全米、全英No.1を獲得、世界的な大ヒットとなりました。



ダンス・ミュージックにポップスと、お色気をミックス。当時、思春期だった、我々も、魅了されていきました。テレビでは、毎週土曜の深夜は、小林克也さん司会による「ベストヒットUSA」を視聴するのが、楽しみで、仕方ありませんでしたね。

街では、レンタルCD・VIDEO屋さんが、オープン。お小遣い少なかった学生時代は、本当に助けられました。カセットテープにダビングして、SONYのウォークマンで、何度も何度も繰り返し聴いていたため、直ぐに、テープが、伸びて、ダメにしてましたかね。

オリジナルのカセットレーベル作ったり、好きな曲ばかりで、編集したオリジナルのカセットテープを作ったりで、今こそDTPも、簡単になりましたが、ハサミとノリで、アナログ的に作ったりしてましたね。良い思い出です。


1回こっきり⁈

いつでも良いですよと言う言葉は、ある意味、甘やかしになります。



いつでもどこでも映画を観ることが出来ると、フィルムも気にしないで、いくらでも映像を撮ることでしょうし、その場限りの集中力も失うことでしょう。


偉い・凄い…

偉い人と凄い人は、一見似ていますが、偉い人は、組織の中に位置づけられるのに対し、凄い人は、唯一無二の存在です。

凄いという価値軸を持っていないと、偉いが基準となってしまいます。では、凄い人の凄さとは、どこにあるのでしょう?



僕が思うには、専門分野における圧倒的な勉強量と圧倒的な体験量。つまり、全身全霊を傾けられるテーマを持っている人になると思うのです…


お問い合わせ・お申し込み