ホームブログ塾長の独り言

ブログ

23時までに眠る

食事で血を造り、睡眠で増やし、運動で巡らせるのが、健康法の基本です。

自律神経は、活動的な陽である交感神経と、鎮静的な陰である副交感神経の2つから成り立ちますが、日中の活動している時間は、交感神経が優位となり、夜の静かな時間帯になると副交感神経が優位になります。

中国の古いお話の中に、午前0時を挟んだ前後2時間の子の刻は、身体の陰と陽が入れ替わる時間でもあり、その時間帯に眠っていることが非常に重要です。

子の刻の陰と陽の入れ替わりの後の1〜3時が血を作る時間ですので、陰と陽がうまく入れ替わって初めて血がしっかり作られるのだそうです。

夜23時までに眠れていない状況が続くと血が作れないばかりか、血が浄化されないため、血液が汚れたままになり、あらゆる病の原因になるという考えです。

血液中の鉄分も早朝に最も多くなり、夜間睡眠中に最も少なくなるなど、血液が作られる仕組みに1日の中で変化するサイクルがあります。

赤血球・白血球・血小板・リンパ球などの造血幹細胞は、普段は、骨髄にあって血液を作りますが、太陽の光に合わせて造血幹細胞が増えたり、血球を作ったり、周期的に骨髄から全身へと巡ったりしています。

元気な胃腸から豊富な栄養を摂取して血液を作ると共に、これまでの睡眠習慣を見直して栄養豊富な血液を増やしていきましょう。



先日は、琴電綾川駅まで電車で移動して、綾川駅から高松市内までの約18kmを早歩き散歩で帰って来ました。目安は、昔は、有酸素性運動と無酸素性運動の境目(AT)と言われた運動強度120bpmレベル、1km辺り6分ペースです。

実際は18kmある上、羽間から岡本までの福家高架橋を降りて登っての高低差が、なかなかヤバかったです 汗。予定より少し遅くなり2時間かかってしまいましたが、昔のグリコーゲンローディングと異なる手法で、グリコーゲンを枯渇させることなく、ゴール出来ました。健康のための運動は、動静脈酸素較差を高めるだけで良いのですが、十分効果ありました。

脂質代謝を高めることは、同じ運動であっても、負債の残らない運動でもあり、いつまでの運動し続けられると言われた運動強度です。このベースを高い状態でキープ出来ると、いつまでも健康な状態で要られる確率が上がりますが、歳を追うごとに鍛えていても筋細胞は減りますし、膝や股関節、腰などの関節周辺を弱めてしまうと、なかなかそれが出来ない事になります。

一般の方々が、健康のために運動を取り入れる目的は、筋細胞が酸素を受け取る能力(動静脈酸素較差)を高めておくだけでも良いので、普段から歩くだけでも良いので、運動する習慣を作っておきましょう。

今後2週間程度は、エイドを挟んだ1時間の早歩きを数本行うトレーニングを行なって、脂質代謝能を更に高めて、琴平駅から高松市内までの約30kmの早歩きを実施してみようと思います。

おかげさまで、栄養豊富な血液を身体中巡らせることが、出来ています。


入門者と上級者…

季語を盛込み、感情を述べずに五七五で表現する。制約あるからこそ、俳句の世界は奥深い。技巧の凝らしがいがあるのも、その成約ゆえ、これがもし自由なおしゃべりだったらどうなることでしょう。

語り散らした言葉の応酬は、その場限りの楽しさで終わってしまうかも知れません。入門者は、楽しさを語り合い、上級者は、億深さを語り合うのかも知れません。ようこそ、制約を通じた奥深い世界へ…



身体には、脳と全ての器官が自律神経系にて連結されていて、体内環境全体を抑制・制御されています。この自律神経系は、ストレスに対する重要な防御であると同時に、ストレスの主要な兆候を初期段階で明らかにしてくれる機構でもあります。

自律神経系には、器官を活動させ、運動などの肉体的ストレスに対処する準備を整える交感神経と、体内の維持管理的なバックグラウンド機能を抑制・制御する副交感神経の2つの下位分類が、存在していて、機能的に陰と陽のバランスを取ることが、出来るようになっています。

交感神経系の活動が優位になると、心臓の鼓動が速くなり、皮膚などの重要度の低い器官に向かう血管が収縮し、呼吸が激しくなり、意識レベルが高まります。また、眼球の突出、体温の上昇 (脂肪が燃焼される)、運動神経の活性化、動悸や不整脈が、感じられ、不安による発汗などが、起こることもあります。呼吸数が、増加して呼気が荒くなり、動脈血が、アルカリ性に傾くこともあります。

この場合、神経が、過剰興奮状態になり、口の周囲や指の先端部などに疼きや痺れなどの不快な感覚が生じるようになります。脳に向かう血管が収縮し、目眩や脱力感を引き起こすこともあります。こうした感覚は、多くの場合、その主体である人間の不安感を増大させ、交感神経系の初期刺激を増大させることになります。

こうした交感神経系の活動を抑制・制御する役割を担っているのが、副交感神経系です。副交感神経系は、安眠中や休憩時など、身体が、リラックス状態にある時に、臓器をコントロールします。心臓及び、血管、呼吸パターンを調和させ、心拍数の減少、血管の弛緩、緩やかで深い呼吸などを生じさせます。内臓や皮膚への血流量が増え、食物消化などのバックグラウンド機能が、促進されます。



交感神経・副交感神経の双方の働きは、知られていましたが、針を指して等の測定が、極めて難しいため、健康なのか?病いなのか?を、知ることも出来ませんでしたが、数理解析のバイオリズムによって、自律神経系の仕組みについての理解も深まり、心血管、肺、中枢神経系の間には、複雑な相互作用が、存在することが、解るなど、ストレスの研究を前進させました。

私達は、お湯を沸かしてコーヒーを飲んだり、冷蔵庫から牛乳を取り出したり、通勤電車に乗ったり、携帯電話のバッテリーを充電したりしますが、これらには、全て温度センサーが、使用されています。温度の監視と管理は、人間生活の基本であり、それを実現する技術の多くは、偉大な科学者によって生み出されてきました。

温度計は、1592 年にガリレオによって発明されたものですが、当初は、ガラス球を使った簡単な空気温度計でした。今日では、様々な技術と設計の多種多様で高度な温度センサーになり、工場、病院、学校、家庭など、多くの状況や環境で、様々な便益をもたらしています。

身体には、このような、多種多様で高度な温度センサーが、多数備わっています。これらのセンサーは、心拍、血圧、体温、血液の生化学的特性、血中の酸素量/二酸化炭素量などを検出し、対象ごとに、検出感度と遅延度が、それぞれ異なる複数のセンサーが、存在しています。この結果、各測定対象 (心拍、血圧、呼吸数など) は、一定の値を示すことなく、複数の周波数で同時に変動することになります。

こうした変動リズムは、数学的に解析することによって、各センサーの検出感度と遅延度及び、各センサーに繋がっている神経の活動を明らかにする手掛かりとなります。センサーとそれらにつながった神経が、 交感神経系と副交感神経系の機構に相当します。

これらの変動を調べることによって、交感神経系と副交感神経系の機構が、どの程度活発に活動しているか?、またどの程度の対応能力を備えているか?を知ること出来ます。また、そのリズムを把握するのは、身体機能について知見を得るためだけでなく、重要な医学的用途が、存在するためでもあります。

例えば、心臓発作等で、集中治療室に収容されている方の4秒間の心拍振動幅を観察することによって、生死を予測する信頼性の高い因子として活用されています。その後の回復後の日常生活中の観察からも、生理学的健康に関する情報を入手したり、抱かえているストレスや、対応能力のレベルを把握することも出来ます。

ストレス検査法は、新しい分野の生命科学でも活用されようとしています。この動きは、ストレスの軽減を図ったり、ストレスの悪影響を排除するための予防法や、ストレス抵抗能力を高めるための手段の開発にも、直結しています。

入門者は、楽しさを語り合い、上級者は、億深さを語り合う。そんな中でも、交感神経系と副交感神経系の機構が、どの程度活発に活動しているか?、またどの程度の対応能力を備えているか?を知ること出来ますね。


運動スカン県の行方…

幼少の頃、夏休みになると、祖母のお家で海や山で遊ぶ毎日でした。

近くの年配の方が、よく間違えて祖母のお家に来てたけれど、あれって徘徊だったのかな?。母があわてて、ご年配の方のお家にお連れしてたのを思い出した。

きっと当時は、老健施設やケアサービスの施設が無かったから、認知になっても手取り足取りしなかったから、自立は、損なわれませんでした。不審者情報って携帯メールで流れてくるのですが、将来は、〇〇才の〇〇方の〇〇さんの行方がわからなくなりました…って来るようになるかも知れませんね。

そうそう、近所で長年営業していた薬局が閉店し、後に入るのは介護系サービス⁈の施設らしいです。お迎えの車も見慣れた光景になってきましたが、介護保険は、縮小されるので、将来、どうなる事でしょう。



市町村が運営・管理する総合事業は、事業として成立することが難しい料金設定であることを考えると、今後は、益々、質の高いサービスを成立させることが難しくなるでしょう。また、潤沢な地域と、潤沢ではない地域では、市町村の判断で総合事業の在り方も大きく変わってくることも予想されています。

総合事業は市場において提供されるサービスでは満たされないニーズに対応するものであることから、市場における民間サービス(総合事業の枠外のサービス)を積極的に活用していくことから、2025年くらいまでは、民間の高齢者向けサービスは、国を挙げて推進されていくことでしょうが、その後の推進は、75歳以上の方々が、人口の約半数になり、当たり前となるため、しないじゃないかとも考えられます(都知事に指摘されたカンニング竹山氏にならないようにしないといけないですけれど)。

高齢化に伴う変化の波が身近に来ていることを感じますが、介護を行うご家族がどれほど増えているのかも気になるところです。

うちは、少し遠くで見守るように過ごしていますが、両親ともいたって元気な方なので、安心しています。こんなご家族を創造したいんだけれど、なんせ運動ぎらいの多い運動スカン県ですから、特別な努力や工夫をしなくては、なりません。


飲み比べ

悦凱陣の3杜氏は、それぞれ微妙に味わいが異なりましたが、主軸は同じだと感じました。

丸尾本店の酒づくりは、こうして連綿とつながっていくのですね。平成のお米をこんな風に、時間を経て美味しく味わう。みんな、香川においでよ。良いお酒を飲みに行きましょう!

昨年の今頃は、喉の調子悪かったんだけれど、今年は、大丈夫みたい。

やまおくジムでは、スリムアップ・プログラムを今夏で最後にしたいと思います。たくさんお求め頂き有難うございました。

3日間で4回程度のトレーニングセッションを通じ、胃相腸相に良い食習慣による栄養豊富な血を作り、良い睡眠による血液量を増やし、代謝の促進により血液を身体中を巡らせることを目的としたヘルスアップ・プログラムでした。



以前、断食にも参加された女性は、2キロぐらいしか減らなかったのに、今回のモニター・プログラムでは、4キロも減って、お腹もペッタンこ。身体も軽いと喜ばれました。

その後、健康診断に行かれ、心配された数値も、全て健康レベルだったそうです。

今後は、新しいプログラムとして、登場する予定です。


ポッコリお腹…

お腹の張りとは、お腹全体または部分的に張った感じがすることで腹部膨満感と呼んでいます。

腹部膨満感には、2種類あります。

お腹が張って苦しい…、お腹が重い…、お腹がゴロゴロする…などの消化管にガスがたまって生じるもの。

胃が重苦しい…、胃に不快感がある…など胃の運動機能が低下して生じるもの。

今回は、ガスによる腹部膨満感についてお話ししたいと思います。



人は、食事すると、必ず消化管内でガスが発生します。定期的に貯まったガスは、呼気(呼吸)や放屁(おなら)として排泄されます。

消化管内のガスの産生と排泄のバランスが崩れ、ガスが腸管内に過剰にたまった状態のとき、腹部膨満感が起こります。これは、鼓腸とも呼ばれています。

緊張したりストレスがかかると空気を異常に飲み込んでしまう呑気症や自律神経の機能異常があります。最近多く見られる過敏性腸症候群(IBS)による腹部膨満感や腹痛の原因もこれにあたります。

また、腸内細菌叢の変化で悪玉菌が増えてくると、異常発酵により腐敗ガスが発生します。また、繊維質の多い食事や糖質を多く含む食べ物はガスを増やしやすく、吸収不良や腸内菌叢の変化によって過剰なガスが発生します。

消化管の運動機能が低下すると、腸内にたまったガスが排泄されずに腹部膨満感がおこります。便秘や過敏性腸症候群がこの状態です。

その他に、腸閉塞では、腸内容物と共にガスも排泄できません。腸粘膜の炎症や循環障害では、ガスが身体に吸収されて呼気として排泄できませんので腹部膨満感がおこります。

消化管内でのガスの産生量と排泄量のバランスが崩れて起こるので、バランスがとれるような生活スタイルにすることが重要です。

食事については、また後程述べるとして…


お問い合わせ・お申し込み