ホームブログ塾長の独り言

ブログ

打者のための物理学

トレーニング指導をしてる際に、同業者の中に理系の方が少ないのか?、つじつまが合わなくなると、気合を入れろ!などの精神論に逃げるヒトも少なくありません 笑。例えば、あのピッチャーは、重たい球を投げるとか、よく耳にしますが、ボールの企画は、規定されていますし、バットの企画も規定されていますので、精神論に邪魔されなければ、全て数字で計算出来るのです。

では、打つことについて考えてみましょう…



速い打球は、バットで遠くまで飛ばすことが出来ます。速い打球を打つためには、どうすれば良いでしょう?パワー増強・良いバットを選ぶ・球を真芯で捉える…等のキーワードが頭に浮かびますね。運動は、運動量と力積(mV-mv=Ft)で表わすことが出来ます。

 m:野球の球の質量
 V:打つ直前の投球の速度
 v:打った直後の打球の速度
 F:球に加わった力
 t:球がバットに当たっていた時間

投球と打球は、反対方向に進みますので、もし目の前の投手が球速150kmで投げたとして、打者が150kmで打球を打ったならならば、vは、-150kmということになります。もし、打球が速ければ、等号の左側の値が大きくなります。つまり、速い打球を打つためには、等号の右側の部分の球に加わった力×球がバットに当たっていた時間を大きくすれば良いと言うことです。

その力を大きくするために、よく間違えるのが、筋量を増やす努力をさせてしまうこと。筋量が増えたから、力が大きくなると考えてしまうのでしょうね…巨人の星の大リーグボール養成ギブスの性かな…お気持ちは、わかるんだけれど、迷惑なシーンです 笑。ここでの力は、パワー。力×速度ですので、mgvになります。ですので、普段の練習において、筋力をつける練習が誤っていることに気づいて欲しいです。

また、球がバットに当たっていた時間を長くすることによって、速い打球を遠くへ飛ばせるようになります。例えば、バットに当たっている時間が0.1秒であったのを0.2秒に出来れば、打球の速度を倍に出来ます。

打撃の際に腰を使って打て!とのニュアンスでの指導は、このことなのですね。腕振りだけでバットを球にタッチすると、球がバットに当たっていた時間が短くなり、打球の速度が上がりません。腰を使って(に見える…)の動作を加えることで、バットに球を乗せて運ぶような状態に近づきますので、球がバットに当たっていた時間が長くなり、打球の速度が上がり、より遠くに球を飛ばせるようになります。


ご自宅をジムに!


便秘解消!腸スッキリ…大脳皮質(脳)からの随意的な指令に対し、脊髄から無意識的に起こる指令を反射的指令と呼んでいますが、大脳皮質からの随意的指令が、動作の途中で強く続くような生活の中での動作は、反射的指令による内臓・筋肉の望ましい動きをも制限し、血流阻害などを引き起こします。食べ物ばかりの所為じゃなないのよね。腸も筋肉。崩れてしまった神経と筋の調和を整えると、便秘解消と共に、肩コリ・目の疲れ・鼻炎・首コリも同時に解消されます…即、実感出来るので、みんな不思議そうな顔をされます 笑。3日間のスリムアップコースで、−4キロも減ったとご好評頂いております。


手洗いの歌

あまり清潔にすると免疫力が落ちますが、手洗いは、最も簡単で最も効果的な感染予防対策です。

でも、めんどくさいんですよね。

昔、お医者さん達もノミより小さな微生物がどうして人間を殺すことができるのか?と手洗いをなかなか受け入れようとしなかったそうです。



最近では、医療機関では、予期せぬ感染を未然に防ぐために「院内感染対策マニュアル」等を作成して、感染の予防に努めています。

「お医者さん手を洗ってください」

「器具も煮沸しましょう」

130年も前からフランスのパストゥールが唱えていたそうです。

小さなお子さんのいらっしゃる家庭では、手洗いの歌などで習慣づけるのも良い方法だと思います。

ビオレu
http://www.kao.co.jp/biore/biore-u/handsoap/index03.html

きれいきれい
http://kireikirei.lion.co.jp/song/

実は、免疫力をあげるために、トイレの掃除を素手でしています。手袋とか、使っていません。おかげで、今のところ、海外遠征に行って、病気を貰った経験がありません。

トイレ掃除の後は、ちゃんと手を洗っていますよ。


歩くのが速い国ランキング

東京に行くと、みんな歩くのがとても速いぃという印象があります。讃岐人は、車社会。せっかちな運転が目に余りますが、案外のんびりしているのかなぁとも思います。

そんなところも糖尿病受診率の高さに関係あったりして…

ちょっと調べてみると、日本は、世界ランク20位程度。そんなに速く歩く理由は、よく分かりませんが、イギリスの国際文化交流機関の調査による歩行速度都市別ランキングによると…



 1.シンガポール 10秒55
 2.デンマーク (コペンハーゲン) 10秒82
 3.スペイン (マドリード) 10秒89
 4.中国 (広東省広州市) 10秒94
 5.アイルランド (ダブリン) 11秒03
 6.ブラジル (クリチバ) 11秒13
 7.ドイツ (ベルリン) 11秒16
 8.アメリカ (ニューヨーク) 12秒00
 9.オランダ (ユトレヒト) 12秒04
10.オーストリア (ウィーン) 12秒06
 ・・・
19.日本 (東京) 12秒83


ちなみに歩行速度が最も遅かったのは、マラウイのブランタイアとバーレーンのマナマだったそうです。身長差や歩幅は、差ほど関係ないようで、知らぬ間に行き急いで生活しているのが現代人。イギリス心理学者リチャード・ワイズマン教授によると、たまには立ち止まって考えて、ゆっくり歩むのも悪くないとコメントされていましたね。


コレも選挙狙いの公共事業?!

福島県相馬市では、介護予防の工夫を凝らした骨太公園を開設しました。場所は、東日本大震災の被災者の集団移転先。慣れない土地で暮らし始めた高齢者が骨粗しょう症などを患わないよう、約250メートルのコースに体力づくりに役立つ8つの道具を備えていて、交流を生む場にもなっています。

仮設住宅では、食事の栄養バランスが悪化したり、運動不足で体調を崩したりする高齢者が多く、健康維持が移住後の課題となっていましたが、高齢の方々の反響は、上々のようです。

内容は、中国や韓国の公園にあるような器具があり、ロコモ予防を想定したものとなっています。道具の使い方が書かれた説明板には、しりとりや暗算と一緒に取り組めるようになっており、脳の活性化も同時に期待できるものになっています。



とても良いアイデア…と思いますが、少し不安があります。

先日、子供のための保育園建設が反対されたニュースは、ご存知だと思います。理由は、子供がうるさいから…。

また最近の公園では、走ったり、ボール投げしたり、騒いだりしないようにしましょうと書かれた掲示板まであります。

怪我をしたら、すぐ地方公共団体に連絡して、施設管理問題にしてしまうところもあるかも知れませんが、あまり外で遊ばせなくなったのもあって、公園で怪我することもあって、遊具まで撤去された公園まであります。

選挙権の無い子供達は、どうでも良いのかな…?って思うような政策になっている気がしますが、気のせいでしょうか?

骨太公園では、カラダの負担が少なくなるよう足元にゴムチップ素材のマットを敷き詰めたり、様々な配慮がされていますが、また、器具で怪我をしたり、公園でカラオケなどして賑やかになると、近所からのクレームなどによって使用規制が出来たりするかも知れませんけれどね。

日本って本当に面倒臭い国です。


お問い合わせ・お申し込み