ホームブログ塾長の独り言

ブログ

ASICS CONNECTION TOKYO

アシックスジャパンさんが、東京都墨田区が実施した「リバーサイドカフェの開設・運営を行う事業者」の公募に応募し、ASICS CONNECTION TOKYOの開業準備を行いました。


施設のコンセプトは、サスティナブルコミュニティスペース。

地元住民や隅田川エリアを訪れる国内外の観光客に向けて、スポーツを軸としたライフスタイルの提案を持続的に行い、たえず人が集い行き交うような場所を目指すそうです。


アシックスさんが、保有しているブランド資産を生かしながら、栄養バランスのよいメニューを豊富に揃えたカフェ、ランニング時に立ち寄れるようなシャワー施設やフィットネスルーム、インフォメーションスペースなどを設けられています。


自動車産業と同じですが、今後は、ラーメン屋さんや、どんぶり屋さんも、登場するかも知れませんね 笑。


神戸 伍魚福 ワインおつまみ8点セット

神戸 伍魚福 ワインおつまみ8点セットをネット買いしてみました。



≪内容≫
(1)カマンベール入りチーズ生包み
(2)チーズパンチェッタ
(3)ゴーダチーズと生ハムロール
(4)トッピング用切り落とし生ハム
(5)職人仕込みのパンチェッタ
(6)マンゴー&クリームチーズサンド
(7)デンマーク風サラミ
(8)クリームチーズ生ハム包み


思ってたよりも、非常に良く、かなり感激でした。味も美味しく、凄く気に入ったので、また購入したいと思います。


株式会社伍魚福
653-0051
神戸市長田区野田町8丁目5-14
TEL 078-731-5735 FAX 078-734-0772
http://gogyofuku.com


苦戦の総合型フィットネスクラブ、新顧客開拓へのサービスの変遷 Ⅰ

僕が、大学を卒業する前は、バブル絶頂期で、就職活動で企業訪問を行うと、交通費を支給して頂いたことがあります。数社受けると、数回分の飛行機代を負担してくださるので、都内に一回出て、数社回ると、お小遣いとしてお金が残る時代でもありました。その後、調子にのって、大学院へ進み箔をつけようと嫌らしい気持ちで、進学したのですが、地価の下落が始まったのは、1991年。景気が、明らかにおかしくなったなと実感できたのは、1993〜1995年ぐらいからだったと思われます。実際株価だけで見ると、既に1989年末をピークに下がり続けていた。不動産がうまく転がらなくなったからといって、その瞬間企業が即死するわけじゃなく、銀行から借りられなくなっても、まだまだ農協マネーをバックにつけている住専や長銀からは資金を借りられていたことから、全体的に資金繰りが苦しくなってきたのは、不況の実感が、徐々に追いついてきた頃、タイムラグが1~2年かかったという感じです。



当時のフィットネスクラブは、プール・ジム・スタジオの3種の神技を備えた総合型スポーツクラブが、主でしたが、建て替えの時期を迎えたのと、新規顧客開拓のためのサービス拡充に苦戦を強いられています。フィットネス市場は拡大していますが、24時間営業の小型ジムなどに、若者の会員を奪われたり、トレーニング指導の動画配信など、優秀なインストラクターやトレーナーが、独自のノウハウをパッケージ化して、新たな収益源を模索するなど、苦戦が続いています。


日本生産性本部によると17年の市場規模は、過去最高の4610億円で5年前に比べ12%増えています。しかし、総合型フィットネスクラブが主力の各社は波に乗れていないのが、現状です。最大手のコナミスポーツクラブの17年度の売上高は、前年度比約4%減。日本テレビホールディングス傘下のティップネスや東急不動産系の東急スポーツオアシスも微増に止まっています。



筋肉は、バネのようなもの…

健康のために歩いたり、走ったりされる方も少なくありませんが、歩き方や走り方に慣れてくると、ついついペースが上がってしまったり、距離も延びてきます。神経筋制御論に沿った歩き方や走り方をマスターした方には、殆どありませんが、きちんとコンディショニングやケアをしていないと怪我リスクも高まります。



実際に故障や怪我をしてしまった方々には、4つの特徴があります。1.痛みがあるのに休まない。2.いきなりレベルアップ。3.やりっぱなしでケアをしない。4.股関節周辺のトレーニングを怠る。無理をすればするほど、悪化していくものです。この度ご紹介するのは、予防法ですが、お困りの際にお試し頂いても、改善するものもいくつかご紹介してありますので、身につけて、日頃のケアにもご活用してみて下さい。また、神経制御論に沿った正しい歩き方や走り方もマスターしてみましょう。


アシが壊れた…
歩いたり走ったりしている際に地面と直接接するのは、足です。足には、体重の約3倍以上の負荷がかかります。それだけうまく衝撃を逃してあげなければ負荷が過度にかかり、痛みを出すようになります。特に土踏まずが痛むのは、5本の中足骨のバランスが崩れてしまっている事があります。足の裏には、縦横に足底筋膜が走っていて、踵と前足部を引き寄せる事でアーチを作られていますが、着地した際に踵が後ろ側にスライドし、前足部の骨の間が開くことで、着地の衝撃を和らげています。ここのバランスが悪く、疲労しがちだと、ダメージが緩和されずに炎症も起こりやすくなります。また、運動中は、血液循環等により足のサイズが大きくなりますが、ちょうど良いサイズのシューズを求める方にとっては、膨張した足を逃す部分が少なく、外反母趾や爪の下にマメができる爪下血腫になる可能性もあります。


ダッシュしたら土踏まずが痛くなった
ペース向上のため、ダッシュトレーニングを行ったところ、足底筋膜炎を発症。電気治療を試みたところ痛みは、軽くなったけれど、方々の違和感や歩き方や走り方まで変わってしまい、以前のように出来なくなってしまいました。

新しいシューズが合わない。足の甲にも鈍痛。
取り敢えず安くて良い靴をと準備して歩き始めたところ、3日目辺りから、足の甲に鈍痛が出始めました。靴が合わないと思い、紐を緩めてみたけれど、一向に良くなる気配もない。
ストレッチやマッサージをしているけれど、原因不明。医療機関に受診しようか迷い中です。

フルマラソン直後ぐらいから足の裏の痛みが消えない。
昨年秋にフルマラソンに出場した後から痛みが出て、ここ2〜3ヶ月痛みが引いてない。走ると症状が軽くなるので継続しているけれど、電気治療やセルフマッサージをずっと続けている。

スニーカー感覚てシューズを選んで失敗。
足にぴったりシューズが好きで、ショップで実寸したものを履いていました。指が圧迫されて爪下に大きなマメが出来ました。実寸のハーフサイズか、ワンサイズ大きめに変えてからは、違和感もありません。

ついついケアをサボる性で冬場に走るのが怖い。
普段は、そこまで痛くないので、気温が下がり筋肉・血管・神経が強張っていると足底筋膜炎等のアクシデントを起こしやすい。効果的なやまおく体操を行って、走る距離・スピードを保持したい。



INSTINCT EVERYDAY(インスティンクト・エブリデイ)
普段いつでもお履き頂けるようカジュアルタイプをご用意しました。ピクニックやウォーキング用としてもお使い頂けます。


インソールを活用してフットバランスをサポートする。
最近のインソールは、足の裏を刺激するようなものや、アーチを形成するものばかり。返って足本来の機能を使えなくなることもあります。そこで、足の本来の機能を引き出すためのリセットソール©︎をお勧めします。歩行バランスや、足が地面に接地する際のタイミング、中足骨の望ましい動きを誘導してくれます。

26個の足の骨の動きを鍛える。
足裏には、踵から小指、踵から親指、親指から小指にかけて3つのアーチがあります。これらを鍛えるには、足の骨26個を動かせるやまおく体操がお勧めです。足踏み・ひざ絞り・内捻り体操をした後に、足の動きをチェックしてみて下さい。




リセットバイクのペダル位置を変えてみる。
足底筋膜のバネの動きを良くするために、室内では、リセットバイクを活用するのも有効です。専任指導者にペダル位置をチェックして頂きましょう。サドルの座り方も変えてみると、良い感じになりますよ。


お問い合わせ・お申し込み